[あつ森 島の施設]博物館

フータのたのみごとをひきうけよう

学者のふくろうのフータ。飽くなき知識欲で愛する生き物を調べ続けているよ(ムシへの愛は少なめ……)。

まずはフータを島へよびよせよう!

たぬきちのたのみごとを聞いていると、フータが島へやってくることに。ムシやサカナを5種類以上わたそう!早ければ1日で達成できるはず。もちろんのんびり何日かけても大丈夫!

フータのテントを設置

フータのテントを設置すると翌日フータがやってくるよ。
しばらくはそこで虫や魚の寄贈(きぞう…おくること)や、化石の鑑定(さいしょはなんの化石かわからない)をしてくれるよ。

博物館を作ろう!

あつ森では、最初から博物館があるわけではない。博物館長フータを呼び寄せて、博物館建築までたどりつく必要があるよ。

たくさんムシやサカナや化石を寄贈すればOK

どんどんもっていくと「化石」をみつけてきてくれるようにおねがいされる。
たくさんかせきを鑑定してもらうと(3種類か5種類?)、いよいよ博物館をオープンすることに。

「たかとびぼう」をつかってかせきをみつけよう

どうぐ「たかとびぼう」をつかうと、川をどこからでも飛び越えられるようになる。
フータが引っ越してくるとDIYレシピ「たかとびぼう」を教えてくれるよ。たかとびぼうをつかうと川をとびこえてかせき探しができるね。それぞれのエリアに平均1個程度ある感じだよ。地面の☆マークを見つけたらなるべくすぐにスコップで掘ってゲットしよう!ちなみに地面が光っているところはお金(ベル)が埋まっているよ。フータとは関係ないがこれも掘り出しておこう。

「ムシ」、「サカナ」か「かせき」の3種類のどれでもいいので15種類もっていこう!

虫、魚、化石の3種類のうち、どれでもとくに制限はないみたい。15種類あつめて、テントにいるフータに「寄贈」しよう!
仮にたかとびぼうがなくても、雨の日なら海で魚釣りをしたり、マイレージ旅行券(2000マイル必要)をつかって無人島へ出かけてムシやサカナや化石をほってもよし!とくに無人島には化石がたくさんあるからラッキーだね。自分の島でも朝、昼、夜で出現する虫や魚の種類がちがっていることもあるね。いろいろな時間にムシとりやサカナつりをして新種を発見しよう!

博物館ができるまで

翌日は工事中のため、いつもの「寄贈」や「かせきの鑑定」はお休みになるよ。収納や地面に置いておくなどして、その次の日にまわそう。

博物館ができたら

あつまれどうぶつの森では、セレモニーは自分のつごうのよい時間帯に開催できるよ!たぬきちにはなしかければいつでもセレモニーを行うことができるよ。ほかの施設やお店の分のたくさんのセレモニーを一気に連続で行うことも可能だ!

博物館でできること

セレモニーをしたりしなかったりでも、2日後には博物館がオープンして利用できるようになるよ。
「ムシ」「サカナ」「かせき」の3つが今まで寄贈したものすべて展示されているから、ぜひ見てみよう!
それぞれの寄贈アイテムについて、館長フータの博識っぷりもあますところなく発揮されているぞ!ちょっと物知りになれるかも!?

便利機能について、詳しくはこちらの「森ライフをもっと快適に!」を見てね。

【switch】あつまれ どうぶつの森 攻略情報